ギャンボラの入金方法をメリット・デメリットに分けて徹底解説!

ギャンボラ

オンラインカジノで特に大事なのは信頼性ですよね。

ギャンボラはオンラインカジノの中でも、所得難易度が一番高いマルタ共和国の運営ライセンスに登録しています。

マルタライセンスはプレイヤーの保護に重点をおいており、すべてのゲームに不正がなく公平にプレイできるのが大きな魅力の一つです。

さらに、ギャンボラはベットする度に勝ち負け関係なく一定額返金される「ギャンボラプラス」の存在が人気の一つです。

安心してオンラインカジノを始めるのに最適なギャンボラの入金方法の疑問をメリットやデメリットを交えて紹介します。

さき
さき

ギャンボラで入金するのが安全なのか気になる・・・

ゆうり
ゆうり

ギャンボラの入金方法はこの記事読めば解決するよ。

ギャンボラの入金方法は大きく分けて3種類!

ギャンボラの入金方法は様々ですが、主に3種類に分類されます。

  • 電子決済
  • クレジットカード
  • 銀行振込

それぞれどんな口座が使えるのか具体的に説明します。

①電子決済

電子決済とはオンライン上で口座を開設して、入出金が行えるサービスです。

ギャンボラでは入金は他の方法でも可能ですが、出金だけは電子決済経由でないと出金ができません。

オンラインカジノの中でもギャンボラを利用する方は電子決済の口座開設は必須になりますので注意が必要です。

さき
さき

ギャンボラで出金するには電子決済の口座を開設しなきゃいけないんだね!

ギャンボラで取引できる電子決済は下記になります。

入金方法 最低入金額 最高入金額
ecoPayz $10 $25,000
MuchBetter $10 $10,000
Venus Point $10 $25,000
STICKPAY $10 $25,000

※どれもすべて1回辺りの入金額です。

※基本的に複数回に分かれば高額入金可能です。

※手数料は全て無料になっております。

ギャンボラで電子決済を使って入金する場合、最低入金額がすべて$10~と低額なのでどれも挑戦しやすいです。

最高入金額はMuchBetterのみ$10,000なので、高額入金を希望している人は他の電子決済を選択した方がいいですよ。

ゆうり
ゆうり

特にecoPayz、Venus Pointは他のオンラインカジノでも利用できるところが多いからおすすめだよ。

②銀行振込

ギャンボラの対応銀行ですが日本国内の銀行なら、ほぼすべてに対応しております。

メガバンクはもちろん、信用金庫でも基本的には大丈夫です。

入金方法 最低入金額 最高入金額
銀行振込 $10 $5,000

※こちらもすべて1回辺りの入金額です。

※基本的に複数回に分かれば高額入金可能です。

※サイトへの入金手数料は無料ですが銀行での手数料が条件にもよりますが最大数100円ほどかかります。

電子決済と比べて最高入金額が低めですが、新たに別口座を開設する必要がないのでオンラインカジノ初心者さんでもチャレンジしやすい入金方法です。

さき
さき

日本国内の銀行ほぼすべてに対応しているなら使いやすいね!

③クレジットカード

ギャンボラでのクレジットカードで入金処理できるブランドは下記になります。

入金方法 最低入金額 最高入金額
MasterCard $10 $2,500
JCB $10 $1,000
VISA $10 $2,500

※こちらもすべて1回辺りの入金額です。

※基本的に複数回に分かれば高額入金可能です。

※カード決済の場合、ドル決済となりますのでカード会社の手数料が、決済額の数%かかります。

MasterCardとVISAが最高入金額$2,500に対して、JCBは最高入金額が低めです。

ゆうり
ゆうり

カードブランドによって最高入金額が変わるから注意が必要だね!

ギャンボラの入金方法①電子決済

ギャンボラでは、ecoPayz、MuchBetter、VenusPoint、STICKPAYの4つの電子決済が使えます。

電子決済を使うメリット、デメリットと入金方法を紹介します。

①電子決済のメリット

電子決済の種類は様々ですが大まかなメリットはこちらになります。

  • 入金手数料が無料
  • 仮想通貨でも入金が可能
  • 入金限度額が高い
  • 入金の反映が早い
  • 出金ができる

 

ギャンボラではecoPayz、MuchBetter、VenusPoint、STICKPAY、すべての電子決済の入金手数料が無料です

ecoPayzならビットコインでも入金が可能で対応通貨が多いのもメリットのひとつです。

ゆうり
ゆうり

仮想通貨を使いたい人はecoPayzを選んだ方がいいね!

ecoPayzとVenusPointなら一度の最大入金額が$25,000と高額なので余計なストレスや手間から解放されます。

すべての電子決済にいえることですが、入金処理を行ったあと即座にアカウントに反映されます。

すぐにギャンボラで楽しめるのは非常に大きなメリットです。

現在ギャンボラにおいては出金は電子決済経由のみとなっております。

そのため、ギャンボラで楽しむには電子決済の登録が必要不可欠になってます。

さき
さき

出金で使うなら先に電子決済の口座を開設しておくのもひとつの手だね!

①電子決済のデメリット

ギャンボラで電子決済を使って入金するデメリットは2つあります。

  • 電子決済の口座登録が必要
  • ギャンボラのアカウントに入金するまで手間がかかる

 

ギャンボラではすべての電子決済には口座登録が必要となります。

公平性やマネーロンダリング防止のため、身分証などの用意が必須で最初の敷居が少し高めです。

クレジットカードと違いギャンボラのサイトに入金するには、まず電子決済の口座に入金が必要になり、合計2回入金手続きが必要なので多少の手間になります。

ゆうり
ゆうり

Suicaにお金をチャージして使うでしょ?それと同じだよ!

①電子決済での入金方法

電子決済の入金方法は下記の通りです。

電子決済は4種類ありますが、入金手順はほとんど同じなので今回は代表でecoPayzの入金方法を紹介します。

  1. メニューから入金を選択
  2. 入金メニューからecoPayzを選択
  3. 口座番号と入金額を入力
  4. エコペイズの管理画面で間違えがなければ送信

 

他の電子決済をご利用の場合は、該当の入金方法を選択して進めば、入金申請ができます。

さき
さき

説明聞く限りめちゃくちゃ簡単そう・・・

ギャンボラの入金方法②銀行振込

ギャンボラでは銀行振込による入金にも対応しています。

ギャンボラでは、銀行振込での入金が可能なので電子決済の口座を持っていなかったり、クレジットカードを持っていない人でも簡単に入金できます。

ここでは、銀行振込のメリット、デメリット、入金方法を紹介します。

②銀行振込のメリット

ギャンボラで銀行振込を使って入金するメリットは2つです。

  • 対応金融機関が豊富
  • ネットバンクだと入金が早い

 

ギャンボラの振込先が国内の銀行口座なのでどこの金融機関でも問題なく振込できます。

ネットバンキングからの振込だと1時間もかからず入金されるので非常にスムーズです。

口座登録しておけば2回目からの入金作業は簡単に行えます。

ゆうり
ゆうり

一回登録したら登録内容が保存されるから楽だよ!

②銀行振込のデメリット

ギャンボラで銀行振込を使うデメリットは2つあります。

  • 口座への振込手数料がかかる場合がある
  • 初回の振込に少し手間がかかる

 

金融機関によっては振込手数料に数100円ほどかかります。 (取引口座や取引内容にの条件により無料になることもあります)

初回のみ照会番号の記録や振込先口座の登録の手間がかかります。

ネットバンクなら2回目以降はスムーズに入金可能なので手間がかかるのは最初だけだと思えば入金は簡単ですよ。

さき
さき

手数料は気になるかも・・・でも、振込手数料がかからない銀行を使えば問題ないね!

②銀行振込での入金方法

銀行振込の入金方法は下記になります。

  1. メニューから入金を選択
  2. 入金メニューから銀行振込を選択
  3. 振込先情報が出るのでメモをとる(この時に記載されている照会番号も必ず控えをとる)
  4. ネットバンク、ATM等で口座番号や金額等の必要情報を入力し、送金する

 

送金情報を入力するときに、振込名義人の前に必ず照会番号を加えて入力することを忘れないよう注意しましょう。

「照会番号」+「振込名義人」の感じで入力すれば大丈夫です。

照会番号を入力し忘れると、反映されるまでの時間がかかる可能性があります。

さき
さき

うっかり照会番号メモるの忘れそ~。気を付けないと!

ギャンボラの入金方法③クレジットカード

ギャンボラでは、クレジットカードを使って入金できます。

ここでは、クレジットカードを使って入金するメリット、デメリットと入金方法を紹介します。

③クレジットカードのメリット

ギャンボラでクレジットカードを使うメリットは下記2つです。

  • 入金までの手続きが簡単で早い
  • 入金手数料が無料

 

基本的にはカード情報の入力だけで完結し、即座に入金してしまうので、ストレス知らずです。

ギャンボラに入金する手数料は0円なので非常にお得です。

ゆうり
ゆうり

クレジットカード入金はみんな使い慣れているだろうから簡単でしょ?

③クレジットカードのデメリット

ギャンボラでクレジットカードを使うデメリットもあります。

  • 決済手数料がかかる
  • カード会社によっては使えない場合もある

 

ギャンボラはドル決済なのでカード会社によるドル建て手数料が生じます。

金額は決済額の数%かかります。

さき
さき

両替手数料のワナがあったか~

 

カードブランドではなく取り扱いカード会社のなかにはオンラインカジノに対応していない会社もあります。

ギャンボラでは過去に使用できた実績があっても急に使えなくなるケースもあるので注意が必要です。

ゆうり
ゆうり

選択したクレジットカードが使えなかったら別のクレジットカードで試すしかないね!

クレジットカードの入金方法

ギャンボラでクレジットカードを使って入金する手順は下記の通りです。

  1. メニューから入金を選択
  2. 入金メニューから利用するカード会社を選択
  3. 入金額を入力し、カード情報を入力
  4. 入力に間違いが無いか確認し、購入を選択する

 

ネットショッピングと同じように入金できるので、慣れている人も多く、一番スムーズに入金できる方法です。

ゆうり
ゆうり

クレジットカード会社によっては入金反映に時間がかかるけど入金する手間が一番かからない方法だよ!

ギャンボラの入金方法は自分にあった方法を選ぼう!

オンラインカジノの中でもマルタライセンス登録済で安全、安心なギャンボラ。

入金方法は大まかに分けると3種類で対応しています。

  • 電子決済
  • クレジットカード
  • 銀行振込

ギャンボラを最短で遊びたい人おすすめなのがクレジットカードです。

クレジットカード情報さえ入力すれば、すぐにギャンボラが楽しめますよ。

ギャンボラを少額からスタートしたいなら銀行振込がおすすめです。

最低10$から始められ、無理のない範囲で楽しむのもひとつの方法です。

ギャンボラで出金するには電子決済口座が必要となります。

電子決済口座はecoPayzなら他のオンラインカジノで使用できることも多いので、気になる方は電子決済口座を開設することをおすすめします。

ギャンボラはオンラインカジノの中でも登録ボーナスやキャンペーン等、嬉しいサービスが満載なのでまずは登録して気軽に遊んでみてください。

コメント

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました